top
画像参照:Fotorus

日本でもフィリピンへ旅行に行く方が多くなっています。
また、フィリピンは英語圏ですから語学留学をする方もいらっしゃいます。
そんな日本人も足を運ぶフィリピンの首都がマニラです。
フィリピンはかつてスペインの植民地でしたから、アジアの文化に加えてスペイン風の文化や建物も
根付いている所も魅力の地域です。
また、第二次世界大戦中には日本の占領下にあり、多くの被害が出た地域でもあります。
そんな歴史の爪痕を巡るマニラの観光スポットに足を運んでみるのも良いです。

第二次世界大戦の史跡の一つにサンチャゴ要塞があります。最も重要な城壁都市でもあったサンチャゴ要塞は、
沢山のフィリピン人が亡くなった場所です。
歴史的な価値もありますし、戦争を現代に伝える重要な場所でもあります。
スペイン植民地時代の名残としての建築物も見ものです。
アジア最大のパイプオルガンが設置されている大聖堂は、ロマネスク風の建物になっています。
そして、ベルタワーやドームが映える外観も美しく、内部にあるフィリピン人アーティストにデザインされた
ステンドグラスも見どころの一つです。
また、世界遺産に登録されている教会「サン オウガスチン教会」もあります。
世界最古と言われる石造りの教会で、1599から1606年にかけて建てられたといわれています。
そして、この教会は戦争の爆撃や地震等でも崩壊しなかったというので驚きです。
現在、内部はイタリア人アーティストが描いた壁画があったり、
シャンデリアがあったりといった具合に豪華な装飾が施されています。

そして、フィリピン華僑の歴史や生活が展示の中心になっている博物館もありますし、
考古学や自然をテーマにした博物館もあります。
そういった場所で、フィリピンの歴史や文化を学ぶ旅行スタイルもお薦めです。
また、スペインの植民地時代をメインに展示が行われている博物館もあります。
上品なアンティーク調の調度品から、豪華な生活を送っていた人々を垣間見る事が出来ます。
フィリピンは植民地の歴史がある国ですから、歴史や文化の移り変わりが激しいです。
これらは、フィリピンの歴史を勉強したいという方にもお薦めの観光スポットです。
マニラは、そんな史跡を巡る観光スポットばかりではありません。
小さなお子さん連れの方にお薦めなのは、マニラ水族館です。
フィリピンを含む東南アジア各地に生息している魚を見る事が出来る点がお薦めポイントです。

マニラを含めフィリピンは、物価が安く、旅行料金も安い事が特徴ですから、
低予算で観光を楽しめる事も嬉しいポイントです。

格安ホテル検索

ハワイの格安ホテルサイト | グアムの格安ホテルサイト |ソウルの格安ホテルサイト